色んな味が楽しめる!定番人気の百花蜂蜜(ブロッサムハニー)

百花はちみつは、国産・海外産を含め、一番多く販売されている蜂蜜。

単花蜜と違い、季節・場所・気候によって毎回違う味が楽しめるのが魅力で、価格も少しだけ安め♪

一方、質の悪い百花蜂蜜を選んでしまうと、味に雑味を感じたり、クセが強すぎたりすることがあり、当たりハズレがある蜂蜜ともいわれています。

百花蜜は、単に色んな花を混ぜれば良いってわけじゃないんです。
蜜源や気候、養蜂技術など、いろんな要素がうまくそろわないと、おいしい百花蜜にはなりません。

ここでは、安心の無添加非加熱・クセのない風味が高く評価されている百花蜂蜜のみを厳選してます。

ハズレなしの百花蜂蜜はコレだ!通販ランキング TOP5

1位 かの蜂 百花蜂蜜

百花蜂蜜

価格:3.294円(1kg)

このハチミツの特徴をCHECK!

百花蜂蜜にありがちな雑味はなく、甘さとスッキリした味わいが人気。
完熟した天然蜂蜜しか採蜜しておらず、安心の非加熱にもこだわっています。
この品質で1000g・3千円台は正直安い!
他に300gや600gからも選べます。

Yahoo!で詳しく見る

Amazonで詳しく見る

楽天市場で詳しく見る

2位 ふくみつ 蜂の雫

蜂の雫

価格:6.890円(600g)

このハチミツの特徴をCHECK!

自然の中に巣を作らせ採蜜した“日本みつばち”の百花蜂蜜。
巣はもろく、採蜜は年にわずか1回のみ。
ローヤルゼリー等も含んだ巣ごとを絞るので、栄養価が高い生はちみつを堪能できます。

楽天市場で詳しく見る

3位 熊手のはちみつ カナダ産純粋蜂蜜

カナダ産蜂蜜

価格:3.600円(2kg)

このハチミツの特徴をCHECK!

お得な業務用をお探しの方におすすめ!国産の百花蜂蜜では、さすがにこの量でこのお値段は不可能。ハチミツ大国“カナダ”だからこそできた低価格♪カナダ産蜂蜜には、非常に厳しい基準が導入されており、海外産が不安な方でも安心ですよ。

Yahoo!で詳しく見る

Amazonで詳しく見る

楽天市場で詳しく見る

4位 春日養蜂場 選べる国産はちみつ

みつばち村の巣みつ(国産)

価格:7.920円(2kg)

このハチミツの特徴をCHECK!

各季節ごとに採蜜した百花蜂蜜から、1kgを2本選べるセット。
各季節の旬なお花(桜・レンゲ・フジ・ミカン...)をベースにした百花蜂蜜で、他店では味わえないような蜂蜜も多数あります。
お得なお試しセットも好評♪

Yahoo!で詳しく見る

楽天市場で詳しく見る

5位 九州蜂の子本舗 国産蜂蜜 野山みつ

国産蜂蜜 野山みつ

価格:3.456円(550g)

このハチミツの特徴をCHECK!

知る人ぞ知る養蜂家青木勇彦氏の後継者たちが作った百花はちみつ。九州の大自然の中に咲き誇る、いろいろな草木から採蜜された蜂蜜は、深いコクと甘さが絶妙なバランス。
上質な蜂蜜の証拠でもある“あと味のよさ”が好評を得ています。

Yahoo!で詳しく見る

楽天市場で詳しく見る

お買い物ちょこっとMemo「百花蜜」はこんなハチミツ

百花蜂蜜の特徴

百花蜂蜜は、いろんな花の蜜から採取した蜂蜜です。
そのため、単花蜂蜜と違い、色々な花の香りを楽しめ風味も豊か。
毎年同じ味にはならず、そのサプライズを楽しむ蜂蜜ツウが多くいらっしゃいます。
現在の市場では、一番多く販売されている蜂蜜で、普段何気に食べているハチミツが、実は百花蜂蜜だったという場合もよくあります。
また、単花ハチミツ同士をブレンドしたのも、百花蜂蜜に含まれます。

百花蜂蜜の「味・平均相場」

風味

各季節ごとに咲く花を蜜源としているので、それぞれの時期・採蜜場所によってだいぶ味は変わってきます。
花が咲く4月頃から10月・11月頃まで採蜜するのが一般的。
正直、味は出来てからのお楽しみという面がありますが、全体的に濃いめの味が特徴です。
甘さ・コクを重視したい方におすすめのハチミツですよ♪
ただ、熟練した養蜂技術がなかったり、粗悪な蜜源を元に作られると、味に雑味がでておいしくない百花蜜ができてしまうことも。

また、日本での養蜂のほとんどは、西洋みつばちで行われていますが、日本みつばちで養蜂を行う養蜂家もいます。
日本みつばちは、非常に貴重で、採蜜は年に1度だけ。
別名百花蜜とよばれ、本能的に色々な花から蜜を採取してくるのが得意なミツバチと言われています。
採蜜量が少なくお値段は高めにはなるものの、栄養価が高く上質な風味を堪能できます。
お店に並ぶとすぐ売り切れになる人気蜂蜜です。

価格

国産の百花蜂蜜で非加熱という条件に限っていえば、4.000円~6.000円(1000g)が平均相場。安くても3.000円台(1000g)。
どうしても、栄養があっておいしい百花蜂蜜を作るとなると、できる限りコストを抑えても、これぐらいの値段にはなってしまいます。
もちろん、3.000円以下で買える安い百花蜜も販売されていますが、粗悪な蜜源だったり非加熱かどうか等、品質に曖昧な点があることも多く、あまりオススメすることはできません。

余談ですが、百花蜂蜜は単花蜂蜜と比べ、お値段は若干安め。
ただ、それは単花蜂蜜より百花蜂蜜が劣ってるわけではなく、『元々ある蜜源を利用可能・単花用の蜜源植物を栽培する必要がない』等の理由で、コストが抑えられるからと言われています。
栄養価では、百花蜜も単花蜜もほぼ変わりません。

大容量・業務用の百花はちみつをお求めなら海外産がオススメ

海外産百花蜂蜜

2kgぐらいの大きめサイズをお探しの場合、国産の百花蜜を買うとなると、どうしても6.000円(2kg)以上はしてしまいます。(※もちろん、非加熱の純粋蜂蜜という条件において)

正直、もうちょっと安めの蜂蜜を探したい、産地には特別こだわりがないというのであれば、海外産の百花蜂蜜がおすすめです。

2kgぐらいの業務用サイズの平均相場は、なんと3.000円~4.000円と格安!

何故、海外産の百花蜂蜜が安いかというのは、単純に蜜源が広大にあって大規模で採蜜できるから。

日本と比べると、半端ない広さがあるんですよね。
これぐらいの規模で採蜜できれば、国産でももっと安く買えると思うんですけどねぇ...。ちょっと残念。

また、海外産だから不安という方もいらっしゃいますが、ハチミツに関する基準が日本よりも厳しい国も多く、中でも、ニュージーランド・カナダ・ハンガリー・ドイツといったハチミツ大国の品質基準は本当に厳格です。

ただ、国産の業者さんの中には、うまいこと消費者をだまして粗悪な海外産はちみつを輸入販売しているところもあるから気をつけないと。

忘れていけないポイントとしては、しっかりした温度管理の元、採蜜・輸送・日本での梱包販売が行われているということ。

ハチミツは45°以上の熱を加えると成分が変化していき、60°ぐらいになると栄養成分が損なわれてしまいます。

味に関しては、海外産だからといってクセは強いわけではなく、日本人の口に合うアカシア等の単花をブレンドした百花蜜、クローバー・タンポポ等の蜜源から採蜜したものばかりなので、おいしいですよ。

もちろん、日本人に馴染みの薄い蜜源植物が多い国の百花蜂蜜は、場合によってはクセが強めになることもあるので、お買い物の際には気をつけましょう。

まとめ:百花蜜を選ぶ際のポイント

  • あまりにも格安で買える百花蜂蜜には気をつけましょう。国産ならば、1kg 3.000円以上を目安に!
  • 業務用をお探しなら海外産の百花蜜がオススメ
  • 生産工程(蜜源・温度管理等々)が見えにくいハチミツは避けるほうが無難

ページTOPへ