たっぷり使えてお財布にも優しい♪おすすめの大容量・業務用ハチミツ (非加熱限定)

大容量・業務用ハチミツといえば、普段から蜂蜜を多く使う方、お金を節約したい方などにオススメ。

ここでは、1kgはあたり前、平均2kg入りのビックサイズを主にチョイス。

もちろん、ただ量が多くて安いだけではなく、味・品質において、厳しい基準をクリアした蜂蜜だけを厳選しています。

特に、“非加熱であるかどうか”は、はちみつを買う上で一番大切なポイント。

そうでなければ、純粋だろうが無添加だろうが国産だろうが、そんな“カラダに良さそうな名称”がついていても、あまり意味がありません。

残念ながら、加熱された蜂蜜は栄養があんまりないんです...。ただ、甘いだけの砂糖代わりといったところ。
蜂蜜について詳しく知りたい方は蜂蜜豆知識をどうぞ。

ピックアップした蜂蜜はすべて、信頼のある養蜂場・はちみつ専門店の商品だけ。
採蜜から梱包までしっかり温度管理されたハチミツばかりなので、栄養満点です。
是非、お買い物の参考にして下さい。

格安でコスパ抜群!大容量・業務用蜂蜜ランキング TOP5

1位 かの蜂 中国産アカシアはちみつ業務用

中国産アカシア

価格:3.909円(2.5kg)

このハチミツの特徴をCHECK!

レンゲと並び、クセがなく日本人好みの味が特徴のアカシア蜂蜜。中国産を心配する方がいらっしゃいますが、「かの蜂」では、国内と同じ採蜜基準を中国でも導入。
温度管理もしっかり行われており、おいしくて栄養のある人気商品です。

Yahoo!で詳しく見る

Amazonで詳しく見る

楽天市場で詳しく見る

2位 かの蜂 ベトナム産ライチ蜂蜜業務用

ベトナム産ライチ蜂蜜

価格:3.996円(2.5kg)

このハチミツの特徴をCHECK!

ほどよい酸味がきいており、いつもの蜂蜜とは違う、フルーティーな風味をお探しの方に人気。こちらも「かの蜂」の蜂蜜で、製品管理はバッチリ。ライチ蜂蜜は他でも販売されていますが、この価格で買えるお徳用サイズはなかなかありません。

Yahoo!で詳しく見る

Amazonで詳しく見る

楽天市場で詳しく見る

3位 熊手のはちみつ 中国産レンゲはちみつ缶詰

中国産レンゲはちみつ

価格:10.260円(12kg)

このハチミツの特徴をCHECK!

まさしく業務用!こちらは、12kg入りの缶詰めレンゲ蜂蜜。スッキリした風味なので、どなたでもおいしく召し上がれます。
安全管理体制が高いと評判の蜂蜜店で、採蜜から出荷工程まで厳正なチェック体制を導入しています。

Yahoo!で詳しく見る

Amazonで詳しく見る

楽天市場で詳しく見る

4位 かの蜂 国産百花蜂蜜

国産百花蜂蜜

価格:3.294円(1kg)

このハチミツの特徴をCHECK!

たっぷりめで安い国産蜂蜜をお探しの方に人気の百花蜂蜜。
国産で非加熱ハチミツとなると、どうしても価格は上がりがちになりますが、「かの蜂」では、1000gをこの価格で販売しています。瓶の他、とんがり容器も有り♪

Yahoo!で詳しく見る

Amazonで詳しく見る

楽天市場で詳しく見る

5位 西澤養蜂場 ハンガリー産アカシアはちみつ

ハンガリー産アカシアはちみつ

価格:5.400円(2.5kg)

このハチミツの特徴をCHECK!

通常のアカシアに比べ、甘さ・香りがちょっと強めのハンガリー産アカシア蜂蜜。
西澤養蜂場では、ビン詰めする際に、独自のろ過器を使用、不純物をできるだけ取り除き栄養のあるハチミツだけを出荷しています。

Yahoo!で詳しく見る

Amazonで詳しく見る

楽天市場で詳しく見る

大容量・業務用といえば海外産の蜂蜜 でも安全性は大丈夫?

海外のはちみつの安全性

大容量の蜂蜜となると、どうしても海外産のほうが多く販売されています。

もし非加熱の国産蜂蜜で、2kgを超えるハチミツを買うとなると、比較的安めの百花蜂蜜で、6千円~、アカシア等の単花蜂蜜となると1万円は超える場合がほとんど。

こうした金額の差がでてしまう主な2つの理由として、

  • もともとの花の産地が海外に多く、規模自体も大きい
  • 原料・労働力等のコストが、日本に比べ低く抑えることができる

が挙げられます。

海外の場合、養蜂を行える広大な土地が豊富。
大規模で養蜂を行えるため、日本とは比べものにならないぐらいコストを抑えることができるんです。

とはいっても、採蜜工程が見えにくいというデメリットがあり、海外産はちみつを敬遠される方もいらっしゃいます。

特に、中国産となると、アンテナが余計にぴーんとなりがちですよね。

実際、かなり粗悪な蜂蜜を生産している養蜂場はなくはなく、品質を考慮すると多少高くても国産を選ぶほうが賢明なのかもしれません。

でも、悲しいことに、国産でもちょっと気をつけたほうがいい業者さんもいないこともないですが...。

とにかく大切なのは、海外産でも国産でも、生産・採蜜・出荷工程がきちんと見えることが一番。

実際に現地に行き、安全管理を徹底しているお店、生産拠点自体を海外に移すお店などもあります。

ランキングでは、海外産にも厳しい基準を設けているお店の蜂蜜だけを紹介していますので、安心して召し上がっていただけます。

ページTOPへ